アムウェイのネットワークビジネスは終わっているのか?

きなことだけをしてリッチに暮らす方法 

当該科目の成果

(1)“歩き回る管理”による効果の把握認識  “歩き回る管理”の効果について

討議した。ほとんどの受講者が実施されているようであったが、その効果を

改めて認識した。

自分としても今後とも継続してゆきたいと感じている。

(2)“機械発見型アプローチ”手法の修得    職場に持ち帰り実施してみようと感じた。

 機械発見型アプローチ手法は、今までに無かった手法であり、大変良かった。

企業活動の成長曲線を具体的に理解することが出来た。

成長期の末期にある壁を打開する為に{変化}することが必要だが、変化を望まない人も

いる。そういう人に対して、変化の必要性を理解してもらい、ベクトルを合わせていくことが

重要であることを学んだ。

そのためには、ビジョンを明確に示し、変化に対する自己管理を行うとともに、部下に

対して、適切なサポートをすることが大切である。

これを機に、部下との接し方を考えてみたい。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: