Archive for July, 2010

サプリメントのネットワークビジネスって成功しないと思う

July 31, 2010

金持ち父さんのネットワークビジネス成功大作戦!

ネットワークビジネスで成功!金持ち父さんへの挑戦!

そして事実、この日の鉱山入りこそがとって生涯の転機になったのだから、
神のお告げ通りといえた。

まず自身が電気機械を製造したことがなく、必要な技術、知識を何一つと
して身につけていなかった。

また電気機械の製作に欠かせない人材も有していなかった。

代わりにあるものといえば、自分の手で電気機械を製作したいという気持
だけであった。

また自分ならば必ずや出来るという信念であった。

要するに、自分の手で電気機械を製作したいという大いなる企みを胸に
秘めて鉱山入りしたものの、現実には、それの具体化に必要なものを
何一つとしてもっていなかった。

にもかかわらず、33歳という、当時の世間常識ではもう青年といえない
年齢で、しかも妻子ある身で、送電課長(技師長の次席)という世人が
うらやむポストを捨ててまで三流鉱山にすぎない鉱山に入社しているの
である。

当時の世間常識をもってすれば理解しがたい行動ということにほか
ならない。

ネットワークビジネスってねずみ講とどう違うの?

July 24, 2010

金持ち父さんのネットワークビジネス成功大作戦!

ネットワークビジネスで成功!金持ち父さんへの挑戦!

事例紹介における中国向けソリューション案件の説明をお聞きして、中国ビジネス
の難しさがよくわかりました。

ベンチャーキャピタル投資について、よくわかりました。

特に印象に残ったことは、投資にあたってはリスク要因の特定が大切であり、
そのリスクに見合ったリターンを算出することであるということです。

実務面では貿易手続きがとても役に立ちました。

私の業務においてすぐに役立つことをたくさん学ぶことができました。

考え方、今後の私の目標設定について、金田講師の異文化対応がとても役に
立つと思います。

日々実践して、自分の習慣に落とし込んでいきたいと思っています。

全体を通して、資料も講義も簡潔でありながら、十分な内容だったと思います。

今回いろいろなことを学びましたが、今後さらに学んでいくためのヒントも
たくさんいただきました。

今後も継続して自己研鑽に励みたいと思っております。

今まで正直あまり意識していなかったので、受講して改めて重要だと感じた。

近い将来、国内ビジネスは限りがあるような気がしており、今後更なる勉強、
経験が必要と感じた。

受講するまであまり意識していなかった部分で、個人の判断で対応出来ないもの
だと再認識した。

この先、言語が非常に重要で英語だけではなく、中国語等の習得が必要となる。

普段の業務の中でも感じる事が多々あり、今後勉強していかなければならない。

ネットワークビジネスの企業は長続きしない?

July 17, 2010

金持ち父さんのネットワークビジネス成功大作戦!

ネットワークビジネスで成功!金持ち父さんへの挑戦!
もっと突っ込んだお話を期待しておりその点では残念でした

講義内容は別途輸管教育も受講していたため小職にとっては復習という位置付
けになりましたが、本コースでは必須と思いますので不満ではありません

たいへん興味深く伺いました。

国内事業中心の事業部門においては「グローバル戦略向き人材」は国内事業の
エースであり、収益性に劣る新規海外部門への投入がためらわれるケースもあると
考えます。

一方で、キャリアパスの整備が不十分なまま、資質の吟味が疎かな状態で人員を
海外に投入してしまい結果的に停滞してしまう場合もありそうです。

トップから担当者まで、グローバル化の意義に対する意識を(なるべく)統一する
施策が早急に必要なのではないでしょうか。

現地採用・国内採用の外国籍従業員に対する教育の整備、価値観の明確化はぜひとも
スピードアップして実施いただければと思います。

内容が濃く、もっと時間を取って頂いて良かったと思います。

これまで日中、日米の1対1対応で思考していたが、日中米3つのポジションから
の比較により対応を照射するという示唆は非常に有益でした。

はじめて業務の流れを体系的に学ぶことができ非常に有益でした。

実際の業務の流れについてはこれから自力であたっていかなければいけないと覚悟
していますが、その足がかりが出来たと思います。

ネットワークビジネスのセミナーがこんなに大変なのはなぜ?

July 11, 2010

金持ち父さんのネットワークビジネス成功大作戦!

ネットワークビジネスで成功!金持ち父さんへの挑戦!

GDPは以前から活用していたが、人口から今後の成長率、グローバル展開が予想できることを学んだ。

他の観点からも考えてみたいと思いました。

何が強みでソリューションを提案し適正対価を得るかがグローバル競争で勝ち抜く重要ポイントであることを学んだ。

 特に米国では訴訟問題に注意する必要があることを学んだ。

妥協しやすい日本企業が狙われるのも理解できた。

当社もエンドユーザー品を扱っており、ターゲットになり易いと思いました。

各国の特徴では、中国人がお酒が強い、マレー系が豚、豚の油が駄目だと初めて知りました。

イスラム教等、日本に馴染みのない宗教には十分注意する(話題にしない)必要があることを学んだ。

 業務の流れの概要を整理することができた。リスク管理の必要性を理解し、契約の意味、言葉の意味を

日頃よく考えておくことも大切であることを学んだ。 

中華での席の座り方のマナーは以外であった。

また交流の際には相手を思いやる気持ちが一番大切であること、海外での話題ではスポーツ等を日

頃から興味をもって話題を収集しておく必要があることを学んだ。

自然に色々な事に興味を持ち、話題、知識が豊富であることも海外ビジネスでは重要で

あるとあらためて認識することができた。

ライフストーリーのネットワークビジネスって最近見ないけど...

July 3, 2010

金持ち父さんのネットワークビジネス成功大作戦!

ネットワークビジネスで成功!金持ち父さんへの挑戦!

求められる人材に必要なものである、、コミュニケーション/マネージメント/リーダーシップの3つを普段の企業としては

利益の追求以外に、こういった社会貢献活動のの重要性を学ぶことが出来た。

海外投資目的やアライアンスについて理解できるところもあったが、内容が高度で理解できない所もあった。

この基礎研修で本当にこの講義が必要か?考え直す必要があると思う。

日程的には良いと思う。異文化対応の時間がちょっと長過ぎると感じた。

また海外投資とアライアンスの内容は不要では?と感じた。講師には出来るだけビデオ等を用いて頂き、

興味を引かせる事が必要では?と感じた。

ずっと資料を1本調子で読まれるだけだとなかなか集中出来ない辛さがある。

個人的には財務や原価等の内容を追加した方が良いのでは?と感じた。初日の懇親会、

グループワーキングは必要だと感じた。

グローバル化に向けた取り組みを知る機会ができて、大変有意義でありました。

まずは、グローバル化成長戦略について。

強みを生かした事業フォーカスや、差別化戦略は興味のある内容でした。競合他社が専門分野に特化する

事業ポートフォリオを形成する傾向にある中で、弊社の多角経営にどれだけの優位性が見えるのかなどの、

具体的なところにも関心が湧きました。

活躍をされたのかを、知ることができました。

これからグローバルに活躍するにあたって必要なスキルなど、広く浅く知ることもできました。

契約書の構成に関する知識を広く学べた点が、もっとも有意義でありました。

専門的なところに至るには時間的な制約があるため、本講義のボリューム程度が適度かと思います。

特に中国のテーブルマナーについて参考になりました。

講師の方がプレゼンテーションに大変慣れていらっしゃったこともあり、聴衆の関心をひきつつ、難しい輸出管理の

概要を初心者にもわかりやすいように説明してくださった。

日々の業務に深く関わってくる内容であったので、非常に高い期待をもって講義にのぞんだ。

内容自体は非常に詳細であった。スライド一枚一枚に大量の情報が盛り込まれており、講師の方も

読み上げることに徹していらっしゃった。終始、聴衆である私たちではなく、ご自身の手前にあるPCを眺め

ながらのプレゼンテーションスタイルであった。こういったスタイルのプレゼンテーションにはあまり慣れて

いなかったので、非常に苦痛であった。

今回の講義が個人負担であったのならば、抗議してでも返金を求めたと思います。

情熱を込めてお話をされていたことと、受講生に語りかけるスタイルが非常に印象的でした。

内容につきましても、ご自身の経験に概念的な解釈を交えたご説明が多くありましたので、理解しやすいと感じました。

特に、コミュニケーションの理解における説明は、学ぶところも多く、参考になりました。

さらには、英語または第3外国語の必要性を喚起されていたのには、まったく同感いたしました。

 受講者全員の異文化経験を終始聞くことになったのですが、国際取引の講義ということもあってか、海外旅行や海

外赴任をされた方がほとんどであり、いろいろな体験談を聞くことができました。各々の主観的で、時として先入観に

よって偏った体験談を、金田講師が客観的に分析されていたところが非常に印象的でありましたし、有意義でもありました。

  • Archives

  • Meta