なた豆茶は身体にいいね

ミネラル分各種、食物繊維、酵素、アミノ酸とさまざまな成分がなた豆茶には含まれています。
その中でもサポニン、コンカナバリンA、カナバニン等が注目を集めているようですね。
これらの成分は蓄膿症の改善、代謝率アップ、デトックス効果と言った効果を期待出来るようです。
特になた豆にしか含まれていない成分がコンカナバニンAとカナバニンで、なた豆の効果の
象徴とも言えるようです。

サポニンですが配糖体の1つになります。体内に入ると脂質の酸化防止の効果が有り、新陳代謝を
促進させる働きが有ります。
その上、腸が吸収したブドウ糖を脂肪に変化するのを防ぐ働きも持っているのです。
この他にも色んな栄養分が含まれております、それぞれに効果が期待出来ます。

カナバニンはアミノ酸の種類の1つになります。効果としては炎症作用を抑える効果
排膿作用、血液サラサラ効果、血行促進の効果があると言われています。

特に排膿作用からは口臭や歯周病、蓄膿症を改善させてくれるのに効果が有るそうです。
コンカナバリンAは、たんぱく質の種類でレクチンと同じ種類になります。
体内に尿素が溜まると毒素が出てしまいますがこれを分解して毒素を出さないようにしたり、また
腎機能を強化して新陳代謝を高めてくれる働きが有ります。

ネットワークビジネス求人誌にはない仕事情報

ネットワークビジネスの被害とは

ACNネットワークビジネス

ネットワークビジネス2011のランキング

ネットワークビジネスで成功するために大切なこと

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: