旭山動物園のキジ舎&ととりの村

いろいろな動物が見られる動物園の中でも、特に目を引くのは色鮮やかな動物です。
でも、自然の中にいる動物は、目立たないようにするのが一般的です。
外敵に見つからないよう自然の風景の中に溶け込んで、擬態してやり過ごすというのが、自然界で生きる処世術だからですね。その中には派手な姿をした動物もいます。
例えば、異性に対してアピールする場合に人間が服を着飾るのと同じように、とても派手な格好で異性へのアピールをする動物もいます。
クジャクも、そんな動物のひとつです。

クジャクがいる旭山動物園の施設は、キジ舎です。
キジというと、昔話の「桃太郎」に出てくることで有名ですね。
クジャクとは違う鳥ですが、クジャクがいるのはキジ舎です。
キジ舎には、その他にもホロホロチョウやアネハヅルといった鳥たちもいます。
珍しい鳥を見たい場合は、キジ舎を訪れると良いでしょう。

旭山動物園には、鳥を飼育している施設が結構あります。
「ととりの村」もそのひとつです。
ととりの村には、ハクチョウ、ガン、カモ等がいます。
隣にはフラミンゴもいるので、鳥を見たい場合はこのスポットもオススメです。
水辺に行くと、水面を泳ぐハクチョウやガン、子連れのカモなどを見ることができ、とても心が和みます。
ネットワークビジネスのニュースキンって?
ネットワークビジネス<ニューウェイズについて>
ACNネットワークビジネスはうまくいくのか?
ネットワークビジネス ニナファームの主力商品
ネットワークビジネスのバイナリーはなぜ人気があるのか?
シナジーは再上陸したネットワークビジネス
ネットワークビジネスM3はまいたけサプリの会社です

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: